1. 医院を開業するための相談窓口TOP
  2. 金融・資金調達の重要性

金融・資金調達の重要性

医院開業における資金調達

医院開業における資金調達

医院開業するためには資金調達を避けて通ることはできません。こちらのページでは、医院開業に適した資金調達の方法、医師開業ローンをご紹介しています。ぜひご参照下さい。

医院開業を行うには、初期費用として多くの医療機器や設備などの導入費が必要になります。ほとんどの場合、すべての費用を自己資金でまかなうことは難しく、なんらかの方法で資金を調達する必要が出てきます。そんなときに利用する一般的な借入先としては以下のものが挙げられます。

機関・制度 使途・融資先 貸付対象
国民生活金融公庫 新たに開業するために必要な資金および開業後に必要になる資金の融資 ・開業資金
・運転資金
・設備資金
社会福祉/ 医療事業団 社会福祉の増進、医療の普及および向上を目的として、社会福祉施設や、病院・診療所・介護老人保健施設などの医療施設の設置に必要な資金の融資

※融資対象外の地域もあるため、各自治体にご確認ください

・新築資金
・増改築資金
・機器購入資金
自治体の制度融資 各自治体が独自の制度融資を行う場合がある。条件面で優れるケースもある ・開業資金
・設備資金

※自治体によって異なる

また、これらの借入先のほかにも医院開業に適した方法があります。それが、「医師開業ローン」です。

医師開業ローン

様々な銀行で取り扱っている医師開業ローン。その名の通り開業医を対象としたローンで、一般的なローンと比較すると様々な点で優遇されています。銀行により異なりますが、具体的には以下のような特徴を備えています。

医師開業ローン

1 担保不要
不動産などの担保は必要ありません。もちろん、手間のかかる担保手続きも不要です。
2 保証人不要
保証人を立てる必要はありません。さらに保証料もかかりません。
3 団体信用生命保険加入
万一の事態でもご家族の方に負担がかからないよう、団体生命保険に加入します。

以上が代表的な医師開業ローンの特徴になります。前述した通り、銀行によってこの他にも様々な特徴があります。いくつかの銀行を回ってみましょう。

  • 新規会員についてのお問い合わせはコチラ
  • アライアンスのお申し込みはコチラ

このページのTOPへ